お小遣いアプリで簡単にお小遣い稼ぎをする方法をご紹介中!

スマホで稼ぐ「お小遣いアプリ」ランキング!お小遣い稼ぎ必勝法!

アフィリエイト

アフィリエイトサイトの更新頻度、運営についての考え方

更新日:

アフィリエイトサイトの更新頻度、運営についての考え方
アフィリエイトサイトを複数運営していると、「1つあたりのサイトの更新頻度ってどのくらいが適正なの?」と思うことがあります。

今回はサイトの更新頻度や運営に関する考え方について私の経験をもとにご紹介してみたいと思います。

過去記事もどうぞ
アフィリエイトやるならホワイトハットかブラックハットか
アフィリエイトを投資として考える

アフィリエイトサイトの更新(ページ追加)頻度はどのくらいが適切?

これについては、記事の質が良いという前提で「少ないより多いほうが良い」というのが私の答えです。
企業ともなれば1日に数十記事をアップすることができますが、個人では限界があります。
ちなみに某ウェルクは1日数十~もの記事(1記事数千文字)を更新し続けています。

外注パートナーを使ったとしてもせいぜい数記事程度が関の山ではないでしょうか。

過去に運営していたサイトの中に、そこそこ大きなキーワードで1位に張り付いていたサイトがありましたが(このサイトではありません)その際はニュース記事を1日5記事~10記事程度ほぼ毎日更新していました。

サイトのテーマがニュース系でしたのでネタに尽きることはありませんでしたし、更新を続けていたおかげでアクセスも一定的に増えていきました。

ただ、アフィリエイトサイトの場合はネタが無尽蔵に転がっている事が少ないので自分で調査したものを記事に起こしていく必要があり、それなりに執筆時間が必要となってきます。

そこで私が2年間上位キープしているアフィリエイトサイトで実証している「サイト更新頻度」についてご紹介します。

ずばり目指せ1日1記事です。

これくらいなら無理なく続けられますし、たまに週末更新をお休みすることもあります。
ただ、休みの日も全く何もしないわけではなく、フェイスブック広告を出したり、Twitter広告をだしてみたりと色々とサイト更新よりも時間がかからない他のメンテナンスに時間を割くようにしています。

ということで、サイトの事は片時たりとも頭から離すことはしないという運営スタイルを取っています。

サイトの既存ページの更新頻度、メンテナンスについて

よく、サーチコンソールに登録して「読まれていないページを削除」したり「コンテンツを追記したり」という作業をやられている方の記事を目にします。
確かに突き詰めれば、ここまでやったほうが結果はでると思います。

ただ、私の場合は読まれていないページのメンテナンスはほぼ手を付けず、読まれているページを徹底的に向上させることに注力するようにしています。

理由としては、需要があるページを改善する事で、外部からリンクをもらえたり、ソーシャルで拡散される確率が高まると考えているからです。

コンテンツの削除や統合は長い目で見れば新規の流入を獲得できる可能性を秘めていますが、即効性という意味ではあまり効果を実感出来ていないため、このようにしています。

まとめ:サイトは生き物。こまめにお手入れを

上記でご紹介したようにある程度起動に乗ってきたサイトであれば1日1記事を目処に更新。
過去記事でアクセスの多いものは定期的にチェックして鮮度を維持する。

私が意識しているのはこの2点だけです。

サイトを運営していると色々な事を考える必要がありますが、更新に関してはシンプルに「良質なコンテンツを定期配信する。古いコンテンツは鮮度を維持!」くらいのスタンスで丁度よいと思います。

次の記事は「アフィリエイトサイトにリンクを貰う方法」です。

-アフィリエイト

Copyright© スマホで稼ぐ「お小遣いアプリ」ランキング!お小遣い稼ぎ必勝法! , 2018 All Rights Reserved.