お小遣いアプリで簡単にお小遣い稼ぎをする方法をご紹介中!

スマホで稼ぐ「お小遣いアプリ」ランキング!お小遣い稼ぎ必勝法!

お小遣い稼ぎ

「せどり」でお小遣い稼ぎって実際できるの?

更新日:

本屋 せどり

せどりとは

「せどり」っていう言葉をご存知の方は、どのようなビジネスモデルなのかはイメージできるかと思いますがわからない方のために簡単にご説明しておきますね。

せどりとは「競取り」とも書きます。
意味合いとしては「古本屋などで掘り出し物を第三者に対して利益目的で販売する行為」です。
もっと、具体的に言えば「ブックオフなどでセールになっている目玉商品を購入し、アマゾンなどで販売する行為」となります。

お小遣い稼ぎの手法として注目されたのは今から6~7年前くらいなので2011年前後になるでしょう。
私の知人も数年間はこのせどりビジネスを本業としており毎月数十万円~の利益を出していました。

●関連記事
色々ある!「お小遣い稼ぎ」の種類はこちら

せどりを効率的にやっているプロたちはどうしているのか?

せどりツール せどりキング実際に、知人に聞いてみると「ツール使ってるよ」とのことで、そのツールっていうのがなかなか優れものみたいでした。
例えばブックオフに行って、ある商品のバーコードをピッと読み取れば・・・「アマゾンで売った際の利益」が瞬時にでる仕組み。

アマゾンの出品のサポート機能もついているらしく、価格調整やフォローメールなども自動で送信してくれるとか・・・。
まぁ、確かに一つ一つの商品を手作業で検索して何十商品、何百商品をアップしていたらそれは時間が幾らあってもたりませんよね・・・。

ちなみにツールの中でよく知られている「せどりキング」というツールはいくつかのバージョンがあり約10,000円~50,000円の間で販売されているようです。

せどりの今はどうなのか?

ブックオフぶっちゃけて言うと私の知人は、年間数千万の売上が一時期ありましたが今は事業縮小し、別の事業を本業としています。
その最大の理由は・・・「ブックオフのセールが減ったから」だそうです。

(ブックオフ意外にも仕入先があればそれはそれで成功出来る可能性はあると思います)
ブックオフのホームページ

セールが行われていない通常時に商品を仕入れるのと、セール時に仕入れるのとでは20%前後の利益率が変わってくるので、セールがなくなればせどらーにとっては致命的・・・。

一部、昔から仲の良い店舗さんは贔屓にしてくれるらしいのですが、流石にそれだけでは食べていけないとのことです。

今、せどりで稼ぐためのヒントをプロに聞いてみた。

文中にご紹介した知人に「このご時世でせどりを成功するための3つのポイントを答えて!」と聞いてみましたところ・・・。

足で稼ぐ。

とにかく足繁く、色んな店舗に出向く!これが鉄則とのこと。
じっとしていても「せどり」では稼げません。

つながりで稼ぐ。

人脈ですね。毎回同じ店に通っても「タダの客」から「上客」にナラない限りよい取引はできない。とのことです。

仕組みで稼ぐ。

こちらも文中で紹介したツールを駆使することです。
多少の投資をしてもツールを駆使しなければ時間がいくらあっても足りないのがせどり。だそうです。
ある程度見通しが立ってきたらツールに投資を!とのことでした。

第一線でやってきた人間の言葉なので妙に重みがあります。
納得です。

まとめ:仕入先があれば、不可能なビジネスではない

ただ、せどりは「仕入先」さえ確保できていれば安定して利益を出し続けることができるビジネスです。
ブックオフがダメでも、他に安く商品を仕入れることができれば、当然利益もでます。

ただ、これが出来る人が少ないから現状、せどりは衰退していっていると考えられます。
趣味でちょっとやってみようかな・・・くらいならまだしも、本業としてやるには今の御時世ちょっとむずかしい(というか難しくなっている)です。

それよりは布団のなかでも移動時間でもできるお小遣いアプリが確実に稼げてオススメです。
是非、お小遣いアプリの稼ぎ方を参考に月1万円のお小遣いアップを目指してみて下さい。

-お小遣い稼ぎ

Copyright© スマホで稼ぐ「お小遣いアプリ」ランキング!お小遣い稼ぎ必勝法! , 2018 All Rights Reserved.