危険性のない安全なお小遣いアプリをご紹介中!iPhone・Android対応。利用は無料

スマホで稼ぐ!安全・オススメ【お小遣い稼ぎアプリ】ランキング!

アフィリエイト

アフィリエイト「記事の書き方」と考え方

更新日:

アフィリエイト「記事の書き方」と考え方

前記事では「アフィリエイトやるならホワイトハットかブラックハットか」についてご紹介しましたが、今回は「アフィリエイトの記事の書き方」について触れたいと思います。

私自身、アフィリエイトを始めた当初はどのように記事を書くべきか悩んだ経験もありまして、これから始める方の参考になればという思いからまとめてみます。

アフィリエイト記事の種類と考え方

「記事」とひとくくりに表現することもできますが、考え方によって幾つかの種類に分類することができます。

知識記事、入り口記事

難易度:★

最初にご紹介するのは「知識記事」や「入口記事」と呼んでいる(個人的に)記事の種類です。

美容サイトに例えるならば、「なぜシミができるのか」や「体重が落ちる理論」のような記事の事をさしています。
書籍やインターネットで調べると比較的情報を集めやすいですし、文章にも感情を含める必要が無いので、基本的に誰でも書けるとう利点があります。

しかし、後術する「キラーページ」とは違ってコンバージョン(成約)を狙う記事ではないので、どちらかというと「サイトの評価を高めるための肥やし」という位置づけで私は考えています。

人によっては「入り口ページすら作らない」という人もいますが、特に初心者にとっては記事を書く練習にもなりますし、何よりサイトの厚みを出す(記事数を増やす)には効果的だと思います。

注意点としては「他のサイトと似通った内容になりやすい」ので自分独自の視点や切り口を交えて執筆するように心がけましょう。

キラーページ

難易度:★★★★★

記事の中では特に重要な存在なのが「キラーページ」です。
キラーページは訪問者がページ内で紹介する商品やサービスに申し込みや購入をしてもらうことを目的とします。

その為、訪問者の悩みや理想などをリサーチした上で文章構成を行う必要があるため、ある程度の訓練が必要となってきます。

●キラーページの構成例
①キャッチコピー(見出し)
②先まで読んでみたくなる前書き
③商品を使うと得られるメリット
④デメリット
⑤第三者による感想/Twitterなど
⑥クロージング
⑦商品紹介リンク

あくまで一例ですが、上記のような構成で流れを作り商品購入への導線をスムーズにすると良いでしょう。
あなたの感情を入れてもよいですし、訪問者との共有部(目線)を同じにして執筆するよう意識すると成約率が高まります。

レビュー記事

難易度:★★★

レビュー記事については、実際に紹介したい商品を試して写真などを交えながら紹介していく記事です。
簡単そうに見えますが、ライターの手腕が試される比較的難しい分類になります。

商品レビューを書く競合は多くいますので、オリジナリティが求められます。

商品のメリットだけに限らず、デメリットも明確にユーザーに伝えることでサイトの信用もアップしますし、レビューページからのコンバージョンにも繋げやすくなる場合があります。

共感記事

難易度:★★★★

分類としてはキラーページにパスを出す為の立役者的存在です。
訪問者と目線をあわせて「共感を得る」事をテーマとし、共感記事からキラーページに誘導して成約率を上げる事を目的とします。

書きを比較してみましょう
A:入り口記事→キラーページ
B:共感記事→キラーページ

どちらが成約率が高いでしょうか?
当然Bの方が高くなります。

訪問者の多くは自分の悩みに共感してくれると、安心感を得ますのでそれによって成約率が上がりやすい傾向になります。

ペルソナを考慮した記事を書くことが重要

入り口記事、キラーページ、レビュー記事、共感記事と4つの種類をご紹介しましたが、全てに置いて重要なのが訪問者のペルソナをどこまで想定できるかという点です。

男性なのな女性なのか、収入やライフスタイル、悩みなどなど想定できることは全て書き出して整理をしましょう。

それに基づいて、訪問者の悩みを解決するための手段を4つの記事分類に分けて紹介していくと頭が整理しやすいかと思います。
やみくもに記事を書くのではなく、落ち着いてペルソナを見据えてから執筆することが重要です。

次の記事は「アフィリエイトサイトの更新頻度、運営についての考え方」です。

-アフィリエイト

Copyright© スマホで稼ぐ!安全・オススメ【お小遣い稼ぎアプリ】ランキング! , 2018 All Rights Reserved.