株式投資「初級編」始め方と勉強法

株式投資で負けない!ギャンブルにしないために

更新日:

株式投資をギャンブルにしないために

株式投資で借金を負う?

株式投資について、世間の一部ではあまり良い印象を持たれていないようです。

いわく、「株式投資で失敗して身を持ち崩した」。いわく、「株式投資で失敗して莫大な借金を背負った」。しかし、このようなものはほとんど嘘ですから、皆さんは心配する必要はありません。

もちろん、株式投資で失敗して元手を失い、一文無しになってしまうということはあり得ることです。例えば、経営が危うい企業に全額を投資したものの、倒産してしまい価値がゼロになってしまった場合などがこれに当たります。

しかし、この場合でも元手がゼロになっただけであり、借金を背負うようなことはありません。「株式投資で失敗して莫大な借金を背負った」というのは、おそらく一攫千金を狙って借金をして株式投資を行い、失敗して借金だけが残ったような人の例を取り上げているだけのことです。そのような無謀な株式投資を行うならば借金を背負う可能性もありますが、それをしなければ良いだけのことです。

リスク管理をきちんと行い、銘柄をきちんと選んでいれば、このような危険はほとんどありません。証券分析を行えば、倒産の危険性があるような会社に投資してしまうことは簡単に避けられるのです。時に株価が下落して含み損が出ることもあるでしょうが、元手がゼロになるような心配はまずありません。

株式投資はギャンブルか

次に、世間で抱かれがちな誤った解釈に、「株式投資はギャンブルである」というものがありますが、これもまた誤りです。株式投資はギャンブルではありません。あくまでも投資なのです。

もちろん、ろくに情報も集めず、なんとなくの感覚で銘柄を選んで僥倖をたのむのであれば、ギャンブルになります。丁か半かの博打のように、上がるか下がるかの1/2の確率に賭けているだけだからです。それはもはや投資ではなく投機でしかありません。

皆さんは、投機ではなく投資をしなければなりません。

情報を集めてきちんと分析して銘柄を決めたうえでお金を投じるのです。

例えば、ある企業が業績不振で安値に落ち込んでいるとします。しかし、その企業に対して色々と情報を集めたところ、一過性の要因によって業績が落ちただけであり、実際には企業の収益力は落ちておらず、財務を見てもまだまだ底力があると判断できたならば、自信を持って買い、後に要因が消えたころに利益を得ることができるでしょう。

丁か半かではなく、上がる確率の方が極めて高いと判断して買ったのですから、ギャンブルではなく投資なのです。

投資とは、そのように行うものです。もし皆さんが、不真面目な態度でお金を投じたならば、ギャンブルだという誹りを受けても仕方のないことでしょう。ギャンブルになってしまえば、株式投資でお小遣いなどできるはずもありません。一度は1/2の確率で予想が的中したとしても、二連勝する確率は1/4、三連勝する確率は1/8、四連勝する確率は1/16・・・となるのですから、着実にお小遣い程度を稼いでいくことなど不可能です。

逆に言えば、株式投資で着実に稼いでいき、投機ではなく投資にするためには、真面目な態度が求められるといえます。

次の記事は「ステップ5:世にはびこる「株」に関する嘘の数々」です。

-株式投資「初級編」始め方と勉強法

Copyright© スマホで稼ぐ!安全・オススメ【お小遣い稼ぎアプリ】ランキング! , 2018 All Rights Reserved.