お小遣いアプリで稼ぐコツ

【お小遣いアプリの危険性】安全なアプリの見分け方

投稿日:

【お小遣いアプリの危険性】安全なアプリの見分け方

お小遣いアプリ、お小遣いサイトは約200ものサービスが存在しています。

その中には登録しても稼げない危険性が高いものも存在していますので注意が必要です。
当記事では危険なお小遣いアプリの特徴安全なアプリの見分け方について説明します。

KEIKO
突然ですが、この記事にたどり着いたあなたはこのような動機がありませんでしたか?
1)モッピーや、げん玉を紹介しているサイトへたどり着いた
※当記事ではこのような記事:モッピーの「評判」と「効率的な稼ぎ方」

2)内容を見るとめっちゃ稼いでる!こんなの怪しい!

3)「お小遣いアプリ 危険性」で検索し当記事へ訪問

安心して下さい、その不安をすべて払拭させてもらいます。

危険なお小遣いアプリの特徴

最低交換に必要な額がバカ高い

危険なお小遣いアプリ 交換までに必要なポイントが20,000円分
当サイトで推薦しているモッピーげん玉300円分のポイントを貯めれば交換が可能です。300ポイントは1日あれば簡単にたまります。

一方、危険と言っても過言ではないアプリは交換までに必要なポイントが20,000円分だったりするんです。
アボカドマネキンポイントGOなどがそれに該当します。
※それぞれのレビュー記事にリンクしています。

ポイントを規定値まで貯めれば交換はできますが、初心者向けではありませんので注意してください。

一気に大量ポイントが入ることを宣伝文句にしている

そして今は新規加入を停止しているマネキン。危険性の高いお小遣いサイトとして最初に知れ渡ったのがこのサービスです。私は過去に何度もマネキンで換金をしたことがあるので詐欺で無いことは確信しているのですが、その宣伝手法があまりよろしくない・・・。

登録だけで5000円分のポイントプレゼント!これは本当なのですが、換金するまでには15000ポイントが必要なので実際は10000ポイントを貯めなければ交換ができないという内容だったんです。

登録して複数のサービスを利用しても全く換金できる気配がない・・・こうなれば運営側の思う壺です。その後マネキンに似ているサービスが複数リリースされています。このような手法に引っかからないように十分注意して下さい。

モンスト、パズドラ、ツムツムなどゲーム系の大量ポイントを宣伝文句にしている

マネキン5000円プレゼント例えばコレ、マネダマというサービスですが無料でモンスターストライクのオーブ888個が当たるとしてユーザーを呼び寄せています。現金にすると5万円以上になる商品がそんなに簡単に当たると思いますか?くれぐれも釣られないようにしてください。

上記はモンストの例ですが、他にも「パズドラ」「ツムツム」などの人気ゲームには必ずと行って良いほどこのようなお小遣いアプリが侵食してきているので見かけてもスルーするようにしてください。

個人運営のサービスは要注意

お小遣いアプリ 個人運営は注意
当サイトでは約200ほどのお小遣いアプリをレビューし紹介してきましたが、その大半は個人でサービス運営を行っています。お小遣いアプリ一覧はこちら

結論から言えば、個人のサービスは長続きしません。

よほどそのサービスが魅力的で会員数が右肩上がり、広告取扱数も増え続けている!!みたいな状況であれば別ですが、正直個人運営でここまで大きくなったサービスは見たことがありません。

カンの良い人はお気づきかと思いますが、個人運営のお小遣いアプリはサービス閉鎖、停止がかなりの確率でおきます。

貯めていたポイントがゼロになってしまう可能性もあるのです。
今はアプリケーションを個人で作成して運営出来る時代です。だからこそ利用する側は運営者が企業なのか個人なのかしっかりと理解しておく必要があるのです。

「安全なお小遣いアプリ」6つの見分け方

運営会社が健全であるか見分ける方法

ここが一番重要です。ただ、見分け方は非常に簡単です。
企業情報を見る際に一番の判断材料となるのが上場しているか非上場かです。

上場とは「東証一部」「マザーズ」などの証券取引所に上場しているかどうかのことを指しており、上場しているだけで社会的な信用が非常に大きいと判断できるのです。

その中でも「東証一部(東京証券取引所)」は世界三大取引所と言われているほど知名度が高く、上場する為の審査も厳しいとされています。

お小遣いアプリ業界では「モッピー」を運営する株式会社セレスのみが東証一部に上場を果たしています。また、モッピーの次にオススメの「げん玉」についてはマザーズに上場をしています。

上場しているということは倒産のリスクも少なく、健全なサービスを永続的に受けられることに等しいと言えるのです。

会員数の多さ

モッピーは600万人以上
モッピーの詳しい評価はこちら

げん玉は440万人以上
げん玉の詳しい評価はこちら

ポイントタウン200万人以上
ポイントタウンの詳しい評価はこちら

会員数はモッピーが業界で最大級で600万人を超えており、次にげん玉が440万人と続いています。

会員数が多いということはそれだけユーザーに支持されているということですので、素直に信用して良い数値だと言えます。

最低換金条件が低いかどうか

最低換金条件については初心者にとっては低ければ低いほどよいと考えて下さい。

モッピー、げん玉については最低交換条件が300円からとなっており、非常に初心者に優しい設定になっています。

中でもポイントタウンは100円から交換できる設定を設けており、条件としては業界最高ランクのサービスを提供しています。

案件数が豊富かどうか

先程から紹介している上場企業が提供するお小遣いアプリサービス(モッピー、げん玉、ポイントタウン)はいづれも案件数が非常に豊富です。
(案件数は非公開なので正確な数は把握できません)

個人運営のお小遣いアプリの場合、案件数が少なく稼ごうとしても全く稼げない・・・という状況に陥ってしまうこともあります。

とくに初心者にオススメの案件「アプリのインストール」案件について案件が多いに越したことはありません。
最低でも100件以上の案件がほしいところです。

友達紹介が充実しているかどうか

友達紹介の充実は、お小遣いアプリの発展に欠かせない要素です。
当サイトでも友達紹介が充実しているモッピー、げん玉、ポイントタウンなどを中心にプッシュさせてもらっています。

ここでお小遣いアプリのお友達紹介制度について説明しておきます。

お小遣いアプリではお友達を1人紹介することに300円~500円の報酬がもらえます。
報酬を得るための条件はそれぞれ異なっていますが、中でも一番報酬を得やすいのはモッピーです。

モッピーは1人紹介するごとに300円の報酬を得ることができます。
げん玉は1人紹介するごとに最大で500円の報酬を得られますが、モッピーと異なっている条件は「友達が案件を1件以上利用すること」です。

ですので、げん玉に加入したけど案件を全く利用しない場合は報酬を得られないのです。一方モッピーは友達が案件を利用しなくても1週間後には300円分のポイントが得られます。

ここが大きな違いです。

交換先が豊富かどうか

個人運営の場合一番厳しいのが交換先が「アマゾンギフト券しかない」などの状況です。
このような場合現金化ができないので、アマゾンギフト券をもらって、それを大黒屋に売却して現金化するという流れをくむ必要があり非常に面倒です。

本記事でプッシュしている、モッピー、げん玉の場合以下のような交換先が用意されています。

・現金(対応銀行多数)
・iTunesギフト
・GooglePlayギフト
・WEBマネー
・nanacoポイント
・ワオンポイント
・JALマイル
・ANAマイル

これだけ交換先があれば、欲しいものには何でも交換ができます。(現金化できますから何でも買えます!)

そして、げん玉についてはポイントを持っていると利息がつく業界初の機能もリリースして話題になっています。
げん玉の【ポイント利息制度】の魅力

貯まったポイントを好きなものに交換できるということは非常に重要なのです。

まとめ:安全に利用したいなら上場企業から選択せよ!

危険性の高いお小遣いアプリは総じて「個人運営」または企業であってもホームページも公開していないなどの場合が多いです。

安心して利用したいなら以下のお小遣いアプリがオススメです。
東証一部に上場しているモッピー
マザーズに上場しているげん玉
マザーズに上場しているポイントタウン

お小遣いアプリは継続して稼げるから価値があります。
倒産のリスクが少ないものをチョイスするならまずは上場企業前提で選ぶことをおすすめします!

-お小遣いアプリで稼ぐコツ

Copyright© スマホで稼ぐ!安全・オススメ【お小遣い稼ぎアプリ】ランキング! , 2018 All Rights Reserved.